猫とワタスの成長日記…かな?
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
13:47:12



10月25日 みかん が虹の橋 を渡りました。

前日から元気が無く、何時もは抱っこを嫌がるのにその日は大人しく抱かれていて…。
そこで気が付いて病院に連れて行っていれば…。

翌早朝、息が荒く、歩くのもやっとの状態。
病院に連れて行ったところ心不全との事でした。
直ぐに処置がされ、酸素室に入りました。
肺に水が溜まり、呼吸ができない状態でした。

酸素室で一生懸命頑張ったみかん。
様子を見に行くたび、苦しいのに何とか体勢を立て直し私達の目を見て、小さく「にゃぁ」と鳴いたみかん。
「苦しいよ、助けて」
「でも大丈夫、心配しないで」
そう言っているみたいだった。

お昼過ぎ、危篤の連絡が有り病院に戻ると心臓マッサージが施されていました。
ごめんね、みかん。
間に合わなかった。
看取ってあげられなかった。
一人で逝かせてしまったね。
心細かったよね。
寂しかったよね。

「救ってあげられませんでした、ごめんなさい。」
と先生が泣きそうになりながら言ってくれた。
先生、そんな事ないよ。
時間外の早朝から みかんの治療にあたってくれて、
本当にありがとうございました。
せめて、みかんの最期に立会ってくれたのが、こんなに親身になってくれる良い先生で良かった。

昨夜はいつもの様に、みかんと手を繋いで眠りました。
いつもだと手を繋いでいて私がウトウトした頃に布団に潜り込んで来たみかん。
もう、お布団で一緒に眠れないけれど
これからは夢で逢いに来てね。

今、みかんは大好きだった、おとーちゃんのジャンバーに包まっています。
眠っている様にしか見えないのにね。
可愛い声で、仕草で起き出しそうなのにね。

3年半。
とても短い生涯だったけど、沢山の幸せと楽しい思い出をありがとう。
本当は寂しがりで、甘えん坊で、食いしん坊のみかん。
末っ子のハチに譲って我慢してたの知ってるよ。
本当に本当に健気で、天然な不思議ちゃんの良い子でした。
また生まれ変わって、私達の所に戻って来てね。
離れていても、ずっと一緒だよ。
スポンサーサイト

Category:にゃんこコメント:0│ トラックバック :--
2016/11/17
21:11:25
里親募集サイトにてご縁があり、今月の13日の日曜日から家族になるべくトライアルで猫村家にやって来た、男の子の白黒ハチワレにゃんこ。
「ハチ」と申します。





野良っ子だったハチ。
幸せになろうね。

18:39:56
流行りに乗ってやってみますた。



食べづらいって文句言われますた。

15:56:09
お久しぶりです。
先日のスーパームーンが思いのほか綺麗に撮れたのでUPします。



iPhoneで撮っても月は光の点にしか写らないので諦めていたのですが
双眼鏡などにスマホのカメラをくっつけると望遠レンズの代わりになるという情報をネット上で発見。
ダーリンが双眼鏡は持ってないけど…と出してくれたのは、お仕事で使用している「レベル」という機材。
道路とかで作業員さんが望遠鏡みたいなのを覗いているアレです。
月の模様やクレーターもちゃんと見られて、ダーリンも感動してますた。
次のスーパームーンは来年。
来年は月の出始めを狙って周囲の背景も撮れたらいいなぁ。
その前に、おちんさん旅から戻って来てブログ再開しないかなぁ。



お月見の後で、サーファー君の差し入れ「〆張鶴 月」で乾杯しますた。
辛口でうまうまのお酒です。

14:34:12
お久しぶりでござります。

あいもかわらず、ちんたらぽんたらの更新です。

今朝、台風8号が千葉県を通り過ぎて行きましたが、こちらはほとんど風も雨も無く朝からお日様が顔を覗かせております。

昨年のゴールデンウィークに父親が北海道からウチに引っ越して来て、はや一年が過ぎますた。

疎遠だったのでどーなることかと心配しておりますたが、そんな心配をよそに宇宙人のダーリンとも猫の「うめ」ともすっかり仲良くやっております。

最初は「猫がウロウロしている家なんかやだぁ」なんて文句を言ってやがりますたが猫の可愛さに目覚め、メロメロになり、今やしっかりネコジジイと化し、挙句の果てには立派な猫使いへと成長いたしますた。

これならいける!
夢の猫屋敷!

ダーリンの同僚から子猫を養子に譲っていただきますた。



さらって来た2014年5月11日の写真です。

2014年3月29日産まれのこの子は「みかん」と名付けますた。

宇宙人とネコジジイとうめとみかん。

家族が増えました。